スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩くような速さで。

5年たちました。

うちの市では宮城の心臓部である仙台への線路がやっと繋がり路線がひとつ復活しました。

あとは市場が完成したり。前に前に速度はどうであれ着々と進んでいます。これも色々な方法で支援してくれてくださった世界中の皆様のおかげだと思います。本当に心から感謝いたします。ありがとうございます。


よく言われる あの日を忘れない。ん-…。

個人的には忘れられない だと思ってます。いまだにあれが現実におこったのか夢だったのかふわっとしわからなくなる瞬間があります。

あの番号にかければまだ繋がるんじゃないのかとかフラっと遊びにくるんじゃね-のとか色々とどっかで思う瞬間はあります。

ただ、こういうすごく悲しい思いした。すごくみじめな思いをした。っていう感情は押し付けるものじゃないと思う。

忘れられるなら忘れてもいいとすら思います。自然をなめない、自分を家族を守るためにどうしたらいいのかってのだけ覚えておけば。

伝えるのと押し付ける。すごく難しい線引きなんですけどこういう不幸がありました。だからきっちり準備はしましょうっていう結論付と、こういう不幸がありました。悲しいでしょ?みじめでしょ?っていうのはまったく違います。

これは送り手もそうだし、受け手の取り方でもかわってくるものかなって思う。

後世に震災の記憶を残すっていうのは、不幸を残すんじゃなくて生き残るための術と知恵なんじゃないかなって5年たってみて思ったところです。

5年たってほんとに色々変わりました。環境や、人。毎日がめまぐるしく変化していく様を目の前にしてたような気すらします。

きっとあの日のままず---と、3月11日の中にいる人もいっぱいいると思います。厄介なものでふとした瞬間に2011年3月11日ってのが後ろにたってる瞬間があります。


5年。これが早いか遅いか。人によって大きくわかれると思います。今後、個人的にはこの記憶や感情とどううまく付き合っていけるかが課題かなって思う。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

このはなん

Author:このはなん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。