スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはそれは大きな贈り物。


ぐ-てんた-く!大海戦当事国じゃなくてちょっとがっかりしてるはなです。

その理由は…ちょい前に海事が75にあがり船どうしようかっな-って造船シミュと睨めっこしてたときのこと。

ラクロ、フェリペ、ソブリン、オスマンガレアス、サンタカタリナ、ゼ-アドラ-…

う-ん…よりどりみどりでどれにしようか…しかしその前に金が…っと思い南蛮かな…と諦めモ-ドになりかけたその時。

天から声が。

ラクロとソブリン好きな方選べ。

ん-…イングランドの旗を掲げてる以上ソブリン一択だろう…JK

俺:ラクロ-ンください。

ということで、うちのボスからラクロ-ンを授かりました。しかもこれG3

さて、なぜラクロを選んだかというと…テ-レテッテ- 強 化 機 雷 ☆

除去が確実に入ってるの最近の海事事情じゃ、う-んって思うんですが。弾薬消費量もあがるしねぇ。

じゃあ、なんで選んだのか。

自分の撒いた機雷原突っ込んでくる船みると…楽しいでしょ…?

さらに、機雷接触のぽ-んって音が連続で聞こえて、大砲や板、船首像なんぞふっとばそうものなら笑いがでるでしょ?w

うん、歪んでるねwが、好きなのです。部品いい奴つけてる人らからすれば削れるからやめれ!って思うとけどねw

本当は大海戦で試したかったんだけどね…イング今回はお休みなのでガナやってる商会員のとこにお邪魔して試運転してきました。

ん-思ったより難しいなって思ったのが正直な感想。

しばらくは乗ってなれてみるしかなさそうです。

ま…ほんとはね。ラクロの出航所の帆降ろしてる姿に惚れて選んだだけなんだけどねw

しかもカラ-リングは黒だし。いい船頂きました!ありがとう。













続きを読む

スポンサーサイト

黒海甲板海事


へろん。すっかりここ最近の模擬やらタイマンでエンジンかかったはなでごんす。

テンションあがったついでにもう75にしちゃおうかと黒海にやってまいりました。

がしゃこん艦隊で俺だけだしねぇ・・74・・・

ってことで元気に黒海でやっております。

しかーし、陸がまったくといってわからないので・・・たまに死ぬ!相手3ならどうとでもなるけど・・・

4ならたまに死ぬ!シロップ艦隊だっけかな?w通称ねw

名前の割にあまくねー!んで、サーヴェイ3を狙ってました・・・

で・・そんなへたれをみかねたのか・・救援が。

a3_20130604000831.jpg

背中は預けたぜ・・・相棒

ってことでふらっと黒海に来た蒼さんを拉致!まー・・つえーつえーw

苦戦してたシロップを軽くひねるひねる。

そんなこんなで4万近く稼げました。残り18万・・・ま・・がんばってみようかと思います!

a1_20130604000825.jpg

ってところかな。しばらくは黒海でお世話になります。

それにここ・・レアの宝庫だしね!w

とりいそぎ海事あげのご報告でした。せばね!

戦!海!大! 

えびにうるさい繊細なこのはなんです。こんにちは。

さ-てさて、模擬模擬のお誘いがあったのでいってまいりましたが…

思いっきりSSとるのド忘れしたのできっと誰かちゃんとしたの貼ると思うのでそっちみてください。

大海戦の場外乱闘ってことで位置づけられた今回の模擬。

あけてみれば、模擬なのに。しかもほぼ身内だけなのに、支援物資ありという贅沢仕様でした。

いつもは敵同士のメンバ-にイング構築艦隊。状況的にみれば、傭兵制度のプレイベント的な感じになったのかな

なんにしろ約3時間ほど 大型 → 中型 → 小型 の順でみっちりやっておりました。

内容はそうだなぁ…大海戦を想定してるだけあって想像以上にガチだった気がするw

が、面子が面子なだけに…沈むとお茶会が始まるという不思議な光景にw

ま-これが、うるせぇうるせぇwww ぷっちょやらぽっき-やら音符のストロ-が2本刺さった飲み物やら色んなものが飛び交ってた気がするw

あ、ちなみにストロ-2本刺さった飲み物ってのは昭和くさいらしいので男性諸君は気を付けるように。

きっとおバカな部分は誰かSS付で誰かやると思うんだ…だからちょっと視点を変えて雑感を。

まず、大型。雪風さんかな。なんつ-装甲値してんだ…って驚いた。が、やってみれば(味方だったけどね)

やっぱり必須になるのは機雷とコンボ。耐久をきっちり削っていかないと落とせないな-と思ってみてました。

あと機雷。ど-も機雷屋が多かったみたいで。

それなりにちゃんとした部品揃えてきたんだけどね。大型でほぼ大半が吹っ飛ぶという事態にw

ほんっと、支援物資なかったらどうなってたかわからんかったwww

ま-大型はやっぱり、耐久管理と除去、掴んでパスしてフォロ-して。1個1個正確にきっちりやらなきゃ-と

思いました。ま。小型、中型にも同じこと言えるんですけどねぇ。

続いて中型。これはこの一言に尽きる。コルヴェうぜえええええええええええ。

ま-捕まらん!w 逆に言えば、一回掴んでしまえば船員と耐久からチャンスはあるんだけどね!

コルヴェ乗り、二人いたな…確か。一人は模擬ら-だったと思う…

なんでかって?クリのタイミングの取り方がどうみても素人じゃないから!w

あのすばっしこいコルヴェ相手にクリいれてるのみて、すっげ-よくあの旋回のタイミングで当てるな-って

口開けてみてたよ!

そして小型。正直、小型は苦手です。煙幕とかもらうとさ…頭どっち向いてるかわかんなくなるんだよね!

それに小型のクリ判定がいまいちわからんwよけた→よけれてない。クリ入ったろ→クリ入ってない。

こうなります。俺の場合はねw

大型、中型は、インファイタ-とアウトのスナイプ、いろいろ混じってたと思うんだ。

だけどこの小型…ほぼアウトw

俺の記憶が確かなら、キャノン積んでたのはあさっこさんしかいなかった気がする。敵艦隊の中ではね。

だからどっから弾が飛んでくるかわからない。ちょっとでも目を離してクリ貰おうものならそっこ-お茶会へご招待コ-ス。

一番、スリリングってか、すぐ沈む分、あんまり差がなくなるかな?と素人目に思ってました。

と、濃厚な戦海大でした。

戦闘はきちんと、沈んでもチャット。楽しくていい模擬でした。

腕的にもみんなとんとんくらいかな?なので拮抗した戦いもあったしね。

練習になって面白い。海戦じゃあんまりゆっくりしゃべることもできないけど、ゆっくり戦ってふざけて笑って

楽しい時間でございました。主催のあさっこさんお疲れ様でした。

ロンドンから支援物資隊もありがとうございました。戦ってくれた人もありがとうございました。

敵、味方、どうなるかわかりませんが。また戦場でお会いしましょう。

ト-ン記号のストロ-刺した飲み物もって待ってます。せばね~







だ-いか-いせ-ん

まずは、両陣営ともお疲れ様でした。

国の結果では勝ちなんでしょうが…個人的な戦績でいえば大敗かなwっていうくらいボッコボコにされました。

さてて、リビルド実装後多分、はじめての大海戦。イング的な意味でね。

どんなもんかな-と思いつつ参加してきました。が…ただ、参加するだけじゃつまらない!

G3だなんだとまわりが言ってる中でいつもの船、いつもの戦術でいくのもな-って思ったので

ちょっと冒険してみました。あ、旗やってたりしてたこともありSSなんてものはありません!

まずは、小型はいつも通りの記念スル-プ ただし、大砲をまぜまぜ。

某バルトの主曰く、モルボル砲ですね。

うん、つかえね-このモルボル砲w 装填速度もまちまちでつかいにくいったらありゃしない。

大型でもダメなんじゃね-かなこれ…っという私感。カロ、キャノとかシュミネ、ハイペ、カロとかならわかるんだけどねw色物だけぶっこんでもダメみたいだ!

ま、もともと実験段階からこりゃつかえねぇwwwって言われてたものだし、そもそも艦隊とタイマンは違うさ-ねw

続いて、中型。

いつもは、将官重キャラベル。が、今回は、将官コルヴェをレンタルして出撃。

DOLやっててはじめて乗ったかも?この船。

乗ってみて思ってことは、俺にはどうも無理みたいですこの船w

なんだろうな…いろいろと早すぎるw スナイプする人とか使うならいい船だと思います。

結果、2,3日目は、重キャラに戻しました。このどんくささが落ち着きますw

で、大型。いつもなら一等メインでたま-にノリスケですが今回は…

レンタルしたG3ロイフリとナポリタンを試してみることに。

まずは、G3ロイフリ。製作者はうちのボス。立ち上がり重視の加速仕様ロイフリ。

あ-いいわぁこれ…なにがびっくりって耐久が1200もないのにインにはいってもそうそう死なない。

ブンブン回せるから楽しいったらありゃしない。が、これになれると他の船に絶対に乗れなくなるので。。。

ほどほどに切り上げて続いてはナポリタンへ。

このナポリタンはG1の移動仕様というか冒険仕様。ただ、封鎖中に抜けられること多いので少しでも加速を--

って思って使ってみた。なんといってもメインは投錨機雷。

ま-効果は知ってるんだけど艦隊じゃどうなんだろうと。

結論。混戦なら△。が、逃げを考えた場合かなり使えますこれ。

え・?あれって相手がもしなってくれるならそこからのクリも狙えるかと。ま・・そんなに甘くないんだけどねw

なんにしてもナポリタンも状況によっては使えるなーっと。さらにリビルドで結構、遊べる船できたんじゃないかなー?って思った大海戦でした。

が、前線のバリバリ対人いくぜーー!って方は、きっとセオリー的な船もあるんでしょうけども。

あと、75の人が結構多いかなーっとも。フェリペ、ソブリン、ラクロ等々、75シリーズ。

または一方でサーヴェイやハインド等高レベル冒険船もみるようになったなーと。

ちょっと海事上げしなきゃねーかな?と思わせる大海戦でした。


続きを読む

大海戦

1月25日 PM20:00 

ラスパルマス南 海上

我々は敵の工作艦隊の足止めまたは、工作指令船周囲の警戒任務を命じられてた。

我々を含めて艦隊は4つ。その効果もあってか、最初からこの場所が眼中にないのか、
いまだに敵影はみえていない。

僚艦は釣りを始め、副官はハンモックで読書をしはじめる始末である。

船員もポ-カ-を始め、まじめに仕事してしているのは見張り当番と操舵手だけといったところだろうか



PM 20:18

これも大事な任務と言い聞かせ何も見えないであろう大海原に目をやる。やけに静かすぎる気がした。


PM20:25

カ-ンカ-ンカ-ンカ-ン 3時の方角に船影! 3隻編成でフランス、ポルトガルの旗を掲げています!

見張り台から大声が聞こえ、船員達は戦闘準備にあわただしく動き出す。

副官はすでに僚艦へ、戦闘準備の合図を送っていた。

さらに距離が縮まる。副官が相手の船長を確認できる距離まで接近した。あとは仕掛けるだけだ。

戦闘開始の合図を準備した時だった。副官が耳元でぼそっと呟いた。

「船長…敵船旗艦 あさっこ殿 僚艦 蒼。殿 さらに☆彩香殿です。」
「船長の知り合いですよね?戦えますか?威嚇射撃だけで僚艦に任せますか?」

は…何を言ってるんだ。これは戦争だ。友人だろうと親だろうと国のためには消す。それが軍人だ。

「冗談だろ。全員に伝えろ。相手は私の友人だ。しかもお人よしといってもいいくらいのな。だから簡単には砲撃は来ない。ためらいがあるはずだ。そこに付け入るんだ。」


「総員。戦闘開始。砲撃手、一発で決めてやれ。それが友人としてできる最大の贈り物だ。」

悪いなこれは戦争なんだ。君たちの優しさに甘えさせてもらうよ。ただ、君たちと過ごした時間は本当に楽しかった。

できれば次生まれ変わったら、同じ旗のもとに。もうこんな悲劇がおきないように。

ロザリオを握りしめ私は思いふけっていた。


s4.jpg

またみんなで狩りにいこう。あさっこさんがこんな風に一人ふざけてみんなが笑う。本当にいい時間だった。

そんなことを思いながら思考を現実へと戻す。

「総員。繰り返す。とまどってる相手からの砲撃はまずない。いいか砲撃はない。強気に攻め海の藻屑にしてやれ!」

それから一分たたないくらいの出来事だった。

続きを読む

プロフィール

Author:このはなん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。